従来の英会話スピーキング

場面集の暗記によるスピーキングでは限界がある

新要領の英語授業は日本語が一切なく、英語を聞いて英語で話すことで、まずは英語に慣れ親しむと共に、文例を少しずつ暗記していくということでしょう。

書店にある英会話教材の多くは、様々な場面でのパターン英語をともかく暗記することに徹しています。

英会話スクールでも、あたかも英語ネィティプになれるかのような宣伝と共に、様々な場面をパターンプラクティスにより暗記し応用することが主流です。また、自分の思いを英語にする実践なんてとんでもないとのことです。


例えば海外旅行、入国審査・タクシー・ホテル・買い物・食事・観光ツアーなど、場面集の各文例をいかに覚えているかが決め手です。

覚えた場面集の文例が、その場の状況やその場の話に合えばスピーディーに話ができますが・・・、
せっかく覚えた場面集の文例がその場の状況やその場の話に合わない場合、また欧米人を前にしてあがったり・あせったりした場合は、無言で過ごすしかありません。

さらに旅行中は問い合わせやトラブルが付きものですが、暗記した文例をうまく応用しきれないため、それぞれの場の話に応じて自分の思いを英語にする必要があります


海外展開企業で業務英会話に携わる方々は、それぞれの分野での企業専門用語と共に、まずは日常業務に使われるパターン英語を覚える必要があります。

日常業務に使われるパターン英語、例えば航空会社、パイロットとコントロールタワー間の通常交信、客室乗務員のアナウンスや外国人へのサービス業務、そして地上係員の外国人へのチェックイン業務など、一度覚えてしまえば連続して使える状況にあります!

しかしながら、それぞれの日常業務中に発生する数多くの問い合わせやトラブルの対応は、パターン英語ではこなしきれないため、それぞれの場の話に応じて自分の思いを英語にする必要があります。


ビジネス上では、工場見学・プレゼンテーション・契約交渉などにおいて、外国人による数多くの細かい質問・議論・交渉など、多くはパターン英語ではこなしきれません。

その時々において話の内容が違いますので、それぞれの場の話に応じて自分の思いを英語にする必要があります。


英語の社内公用語化では、職場・会合・会議での会話・連絡・議論など、いつも同じパターンというわけにはいきません。

覚えに覚えてきたパターン英語では用をなさず、それぞれの場の話に応じて自分の思いを英語にしない限り、英語の社内公用語化にはならないということでしょう。

英会話スピーキング
このように、場面集の暗記によるスピーキングが主流ですが、多くの文例を覚えるには・覚えておくにはどうしても限界があり、現実には「こういう時、英語でどう言うんだったかな?」との実状で、話はすぐに終わり続きません。
一方、月日を経たので、あるいは歳をとり、覚えたもの全てを忘れたと諦めてしまう人もいます。


だからこそ、構文・語法を身に付けて、自分の思いを英語にして話をする
しかありません

文法語順の違いによるスピーキングでは混乱する

英語を学ぶ際は、日本語訳を介して英単語を覚えます。

例えば人を見て、
Mother
女の人Woman
女の子girl
紳士Gentleman
と一瞬判断をした上で英単語を引き出しています。

それら日本語訳の一つ一つを一連の言葉として、すなわち自分の思いとしてイメージして、 英単語を引き出しながら英文法語順にするのが、今の英文法構文力によるスピーキングです。

例えば、
私の母が 私達の家 の前で 女の人と 話をしていた 時に、女の子が 近くに やって来た
When my mother was talking with a woman in front of our house, a girl came over near.

このように、自分の思い「日本語/主語・・・述語動詞」を「英語/主語+述語動詞・・・」にする時に、語順の違いからどうしても混乱が生じます。結果、話の途中でやめたり・話を最初からあきらめたりして、話が続きません。

また、普段の会話では主語や最後の述語動詞が曖昧なために、自分の思いがはっきりとイメージしきれていません。結果、話は2~3の英単語だけになってしまい、相手に話が通じません。

では、自分の思いを明確に表現しながら英文法語順にできれば、混乱なく英単語を引き出すだけになりますが・・・。

英会話スピーキング

PAGE TOP