場面集の暗記によるスピーキングでは限界がある
文法語順の違いによるスピーキングでは混乱する

従来の英会話スピーキング
従来の英会話スピーキング

Japa-Lish による「現実的な英会話スピーキング」
リスニングのポイント

自分の思いを英語にするJapa-Lish
自分の思いを英語にするJapa-Lish

大変わかりやすい「話すための構文・語法」を考案

話すための構文・語法
話すための構文・語法

自分の思いを英語にするJapa-Lishポイント

私、海外駐在で経験した英会話スピーキングの「もどかしさ」を克服して、

『自分の思いを英語にするJapa-Lish/Kikuchi Method』をまとめ上げました!

 

その「もどかしさ」とは・・・

 

私たち日本人は場面集の暗記によるスピーキングが主流ですが、多くのパターン英語を覚えるには・覚えておくにはどうしても限界があり、現実には「こういう時、英語でどう言えば良かったかな?」との実状で、話はすぐに終わり続きません。

一方、月日が経ち、歳を取り、覚えたものを全て忘れたと英会話を諦めてしまう人もいます

だからこそ、構文・語法を身に付けて、自分の思いを英語にして話をするしかありません!

学習指導要領によると、高校卒業までに学習する英単語数は約4000語で、日本語訳にて確実に習得していれば、言いたいことが伝えられる英会話レベルだと言われていますが・・・。

 

例えば・・・

私は 毎日 詳細に 英文法を 彼らに 教えなければならない

I must teach them English grammar in detail every day.

 

このように、自分の思い「主語・・・述語動詞」を英語「主語+述語動詞・・・」にする時に、文法語順の違いによりどうしても混乱が生じます。

結果、話の途中でやめたり、最初から話をあきらめたりして、話は続きません。

また、普段の日本語会話では主語を省略したり最後の述語動詞を言わないままに話が終わったりで、自分の思いがはっきりとイメージできていません。

さらに、構文・語法が苦手で自分の思いを英語にするイメージもできていません。

結果、話は2~3の英単語だけになってしまい、相手に話が通じません。

 

では、自分の思いを英語にするJapa-Lishとは

 

まずは、日本語のまま「主語+述語動詞・・・」にする方法を発案しました

次のJapa-Lishを右から左に読んでみましょう。

私は 教えなければならない 彼らに 英文法を 詳細に 毎日
I must teach them English grammar in detail every day.
すでに「主語+述語動詞」になっていますので
自分の思いが明確になり、
混乱なく英語にできます!

 

日本語の英文法語順、それがJapa-Lishです!

日本語の助詞は英文法語順をわかりやすくすると共に、

Japa-Lishは日本語と英語の語順を同じにするツールになります!

 

次に、大変わかりやすい「話すための構文・語法」を考案しました

本書例文は、英文法の主要な部分を

「話すための構文・語法/ステップ1~5」として考案しまとめ上げました。

ステップ1 文の種類では、話の種類を選択する
ステップ2 
基本5文型では、話の基本骨格を使いこなす
ステップ3 修飾語では、話の基本骨格に修飾語を置く
ステップ4 対等節では、単文+対等節として話をつなぐ
ステップ5 従属節では、主節+従属節として話をつなぐ

 

自己表現力・英文法構文力を身に付け
英語にして話を続ける・相手に通じる英語にする
Japa-Lishによる「現実的な英会話スピーキング」を身に付けます!

国際語・英語を話すために

日本人として信頼を得るには、スピーディーな会話は必要なく
物おじせずに少し時間を掛けてでも、自分の思いを明確にして
混乱なく英語にして話を続ける・相手に通じる英語にする
「現実的な英会話Japa-Lish」を身に付けます!

PAGE TOP