はじめに

国際語・英語を話すために

スタートアップ 行動開始 スタートアップ
国際化の今、国際語・英語を話すために
自分の思いを英語にする「現実的なスピーキング」を!

私、海外駐在で経験した英会話スピーキングの「もどかしさ」を克服
『自分の思いを英語にするJapa-Lish/Kikuchi Method』著作

その「もどかしさ」とは・・・

場面集の暗記によるスピーキングでは、多くの文例を覚えるには・覚えておくにはどうしても限界があり、現実には「こういう時、英語でどう言えば良かったかな?」との実状で、話はすぐに終わり続きません。また、月日が経つとともに覚えたものを忘れてしまいます。
だからこそ、構文・語法を身に付けて、自分の思いを英語にして話をするしかありません!

しかしながら、自分の思い「主語・・・述語動詞」を英語「主語+述語動詞・・・」にする時に、語順の違いによりどうしても混乱が生じます。
結果、話の途中でやめたり、最初から話をあきらめたりして、話は続きません。
また、普段の日本語会話では、主語や最後の述語動詞が曖昧なために、自分の思いがはっきりとイメージできていません。
結果、話は2~3の英単語だけになってしまい、相手に話が通じません。

Japa-Lishによる「現実的な英会話スピーキング」

日本語のまま「主語+述語動詞・・・」にする方法を発案
自分の思いが明確になり、混乱なく英語にします!
大変わかりやすい「話すための構文・語法」を考案
自己表現力を身に付け、英語にして話を続けます!
英文法構文力を身に付け、相手に通じる英語にします!

国際語・英会話スピーキングにおいて
日本人として信頼を得るためには、スピーディーな会話は必要なく
物おじせずに少し時間を掛けてでも、自分の思いを明確にした上で
混乱なく・英語にして話を続ける・相手に通じる英語にする
「現実的な英会話スピーキング」を身に付けます!

「現実的な英会話スピーキング」への移行

新要領の英語授業は日本語が一切なく、英語を聞いて英語で話すことで、まずは英語に慣れ親しむと共に、少しずつ文例を暗記していくということでしょう。
書店にある英会話教材の多くは、様々な場面でのパターン英語の文例を、普段の日本語会話・意訳により、ともかく暗記することに徹しています。
英会話スクールでも、様々な場面での文例をパターンプラクティスにより、暗記し応用することが主流です。
非英語圏の私たち日本人は、英語ネイティブではありませんので、英語で考えて英語を話す・英語を聞いて英語で理解することはできません。

私たちは生まれた時から培った日本語に長け、日本語の応用が利く母国語ネイティブであり、その日本語は外国語を学ぶ際の原点になります!

学習指導要領によると、高校卒業までに学習する英単語数は約4000語で、日本語訳にて確実に習得していれば、言いたいことが伝えられる英会話レベルと言われています。

Japa-Lishによる「現実的な英会話スピーキング」

日本語のまま「主語+述語動詞・・・」にする方法を発案
次のJapa-Lishを右から左に読んでみましょう。
私は 教えなければならない 彼らに 英文法を 詳細に 毎日
I must teach them English grammar in detail every day.

すでに「主語+述語動詞」になっていますので
自分の思いが明確になり、
混乱なく英語にできます!

大変わかりやすい「話すための構文・語法」を考案
ステップ1 文の種類では、話の種類を選択する
ステップ2 
基本5文型では、話の基本骨格を使いこなす
ステップ3 修飾語では、話の基本骨格に修飾語を置く
ステップ4 対等節では、単文+対等節として話をつなぐ
ステップ5 従属節では、主節+従属節として話をつなぐ

自己表現力・英文法構文力を身に付け
英語にして話を続ける・相手に通じる英語にする
「現実的な英会話スピーキング」を身に付けます!

PAGE TOP