国際語スピーキングへ向けて

国際語・英語と日本語の違い

英語は「主語+述語動詞・・・」から始まる明確な言語

英語は、主語をはっきりさせ、述語動詞を述べ、目的語・補語が来て基本文型になり、修飾語を定められた位置で修飾させて基本文型に説明を加えるという文法語順です。

♦  I must teach them English grammar in detail every day.

国際語・英語は明確な言語です。主語・述語動詞から始まる言語では、自分の言いたいことを先に言わなくてはなりません。また、yes/noがはっきりして答えを曖昧にはしません。

欧米人は自己表現力が必要不可欠で、うまく表現できないと人格を認めてもらえないと言っても過言ではありません。
そのため、小さいころからあなたはどう考えるのかという対話式の実践学習があり、自分で考え表現する習慣を身に付けます。


「主語・・・述語動詞」が曖昧な日本語を明確にする

日本語は、単語に助詞が付き文節になって意味や働きがわかります。日本語の文法語順は、次の例文のように、述語動詞が最後に来るだけで、他の文節は助詞のおかげで自由です。

♦ 私毎日 詳細に 英文法彼ら教えなければならない
毎日 詳細に 英文法彼ら教えています
詳細に 英文法彼ら毎日 教えるつもりはない
英文法彼ら毎日 詳細に 教えることができない
彼ら毎日 詳細に 英文法教えてきました

一方、私自身海外駐在にて国際語・英語を経験する中、私たち日本人はコミュニケーションにおいて、国際化されていないことを知ることができました。

私たち日本人は、主語を省略したり、最後の述語動詞を言わないままに話が終わったり、さらに「はい・いいえ」がはっきりしない曖昧な話も数多くあります。

普段、自分の思いを明確にすることを心掛け、自己表現力を生活に浸透させることが必要です!

英会話スピーキング

国際語・英語を話すために

「従来の英会話スピーキング」の実状

新要領による英語の授業は日本語が一切なく、英語を聞いて英語で話す。ともかく英語に慣れ親しむと共に文例を覚えるということでしょう。
大学入試ではやっとリスニングテストがスタートしました。
書店にある英会話教材の多くは、さまざまな場面でのパターン英語に徹しています。
英会話スクールでは様々な場面をパターンプラクティスで暗記するのが主流で、自分の思いを英語にする実践なんてとんでもないとの話です。
英語検定試験のTOEICも主流ですが、一般的にはスピーキングテストはありません。


「従来の英会話スピーキング」の実状は、場面集のパターン英語によるスピーキングが主流ですが、
多くの文例を覚えるには・覚えておくにはどうしても限界があり、現実には「こういう時、英語でどう言うんだったかな?」との実状で、話はすぐに終わり続きません。

一方、月日を経たので、あるいは歳をとり、覚えたもの全てを忘れたと諦めてしまう人もいます。

だからこそ、英文法構文力を身に付けた上で、自分の思いを英語にして話をするしかありません。ところが、今の英文法構文力によるスピーキングでは「英語/主語+述語動詞・・・」と「日本語/主語・・・述語動詞」の文法語順に違いがあるため、どうしても混乱が生じます。
結果、最初からあきらめたり・途中でやめたりして、後は聞き手になってしまっています。

また、普段の日本語会話では、主語や最後の述語動詞が曖昧な日本人、自分の思いがはっきりとイメージしきれないため、2~3の英単語だけで終わってしまいます。

現実には、多くの人が自分の思いを英語にする機会も経験もないため、話がすぐに終わり続かないのが実状です。

 

Japa-Lishによる「現実的な英会話スピーキング」

私、海外駐在で経験したスピーキングのもどかしさ「語順の違い & 話を作る・話にする苦手意識」を克服、国際化の今、自分の思いを英語にする「現実的な英会話スピーキング」への移行をお勧めしています!


◆ 日本語のままで「主語+述語動詞・・・」にする方法を発案!
自分の思いが明確になり、混乱なく英語にします!

◆ 大変わかりやすい「話すための構文・語法」を考案!
「話を作る」表現力を身に付け、英語にして話を続けます!
「話にする」構文力を身に付け、相手に通じる正しい英語にします!

国際語・英会話スピーキングにおいて
日本人として信頼を得るためには、スピーディーな会話は必要なく
物おじせずに少し時間を掛けてでも、自分の思いを明確にした上で

混乱なく英語にして話を続ける・相手に通じる正しい英語にする
「現実的な英会話スピーキング」を身に付けます!

 

国際語・英会話スピーキングにおける様々な母国語スタイル

英語圏のアメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダなどの「英語ネイティブ」の人たちでさえ、母国語スタイルはそれぞれです。

非英語圏の人たちの母国語スタイルは、それぞれに独特な語り口で、EUのフランス・ドイツ・イタリア・スペインなどの人たちはともかく様々、アラブ系の人たちは舌を思い切り巻き、準英語圏であるインド系の人たちは口にこもる発音と喋りの速さです。

そして、非英語圏の私たち日本人の母国語スタイルは、抑揚の無いフラットな話し方です。
その抑揚のないフラットな話し方が、英単語の細かいアクセントを気にせずに済むため、「現実的な英会話スピーキング」に集中できると共に会話を楽にしてくれます。


では、非英語圏の人たちは「国際語・英会話スピーキング」をどのように実践しているのでしょうか。
それぞれの文法語順の違い、またその人の持つ英単語の語彙数にもよるのでしょうが・・・、
多くの人が身振り手振りをしながら、頭の中で一生懸命に自分の思いをまとめながら、まとめ直しながら、さらにはもがきながら「現実的な英会話スピーキング」を実践しています。

すなわち、非英語圏の人たちにとってスピーディーな会話は必要なく、物おじせずに少し時間を掛けてでも、相手に通じる正しい英語を続けることで信頼を得ることができます。

 

平等感のもとで物おじせずに話をする

日本に観光に来ている欧米人、またTVでよく見かける欧米人、一般の人の多くが大統領や国会議員、会社社長や役員、そして有名俳優やタレントなどであれ、平等感のもとで物おじせずに話をしています。

しかしながら、欧米人の前では内気で恥ずかしがりのシャイな日本人、笑ったり・横を向いたり・口に手を当てたりで、「物おじせずに少し時間を掛けてでも、自分の思いを明確にする」ということに集中できていません。

このことが、英会話スピーキングの実践に影響しているのはもちろん、家庭・学校・会社などの日本語会話においても、いわゆるコミュニケーション不足として、日常生活に影響を及ぼしています。


私自身、ある人の話から、今までの人に対するシャイな気持ちを少しずつでしたが変えることが出来ました。

それまでは、日本社会において人はそれぞれに地位・財産・才能などに違いがあり、その限りでは人として上下の関係があるとのことでした。
すなわち、「あの人は偉い人だ、君は偉くないのだから失礼がないようにね!」というようなことが、子供のころから親に、学校でも先生に、職場の先輩に、メディアであれ、多くの場で当たり前のように言われてきました。

しかしながら、ある人の話とは「人はそれぞれに地位・財産・才能などに違いはあるが、それは人としての役割の違いであり、決して人としての上下の関係を決めるものではない」、「この世に生を受け、人生を過ごしている一人の人間として、同じ権利の下で平等感を持つことが必要です!」ということでした。

◆ その平等感から人前での怖さ・気まずさがなくなり、どこであれ・誰であれ、ある程度は平常心で話をすることができるようになりました。

◆ この平常心は、ともかく精神的な余裕をもたらしてくれますので、初対面の人であれ、相手の話をしっかりと聞けるようになりますし、しっかりと考え・まとめた後に話をする事ができるようになります。


人としての平等感からくる平常心がいかに持てるかで、シャイな人間性を少しずつでしょうが変えることができると確信します。

このことが前述した欧米人と同様に、国際語・英会話スピーキングであれ、日本語会話であれ、平等感のもとで物おじせずに話ができるようになるということです。