話すための構文・語法

1 基本5文型と修飾語の違い

基本5文型

文の要素の種類と働きは、次になります。

主語(S: Subject) 「~は・が・も」など文の主題を示します
述語動詞(V: Verb) 「~である・する」と説明します
目的語(O: Object) 「~を・に」などにあたる語です
補語(C: Complement) 主語・目的語について説明をする語です

基本5文型は、文の要素からなり、主語の次に動詞が置かれ、その動詞の種類によって、目的語または補語の位置が5つの基本文型に分類されます。

第1文型/S+V   主語 + 動詞
第2文型/S+V+C  主語 + 動詞 + 主語を説明する(主格)補語
第3文型/S+V+O  主語 + 動詞 + 動詞の対象となる目的語
第4文型/S+V+O+O  主語 + 動詞 + 2つの目的語(誰に~、何を~)
第5文型/S+V+O+C  主語 + 動詞 + 目的語 + 目的語を説明する(目的格)補語

修飾語

修飾語は、文の要素ではないので主語・目的語・補語にはなりません。
修飾語は、定められた位置に置かれ、文の要素を修飾して説明を加えます。

 

2 文の構造上分類と文を構成する単語節の関係

単文

単語と句からなり、主語+動詞が一組だけの文

単語は、最小単位の語です。
名詞、代名詞、動詞、助動詞、形容詞、分詞、原形不定詞、副詞、など

句は、主語+動詞ではない2単語以上の集まりで、名詞句・形容詞句・副詞句があります。
名詞句/動名詞、to不定詞、疑問詞+to不定詞、など
形容詞句/to不定詞、前置詞、など
副詞句/to不定詞、前置詞、など

重文

主語+動詞を含む節からなり、対等接続詞で結ばれた単文+対等節で、二つの文が対等の関係

対等接続詞/and, or, but, for, so, など

複文

主語+動詞を含む節からなり、従属接続詞で結ばれた主節+従属節で、従属節が主節を修飾して主節の内容が中心の文

複文従属節名詞節・形容詞節・副詞節があります。
名詞節/that用法、whether, if用法、疑問詞用法、関係代名詞what用法、など
形容詞節/関係代名詞(who, which, that)、関係副詞(when, where, why, how)、など
副詞節/従属接続詞、分詞構文、仮定法、など

 

3 話すための構文・語法の段階・種類・構成

ステップ1文の種類 – 話の種類を選択する

平叙文
疑問文
命令文
感嘆文

ステップ2-1基本5文型 – 動詞・助動詞・否定を使いこなす

基本5文型/第1~5文型に使われる動詞

単語/動詞・助動詞・否定

ステップ2-2基本5文型 – 話の基本骨格を使いこなす

基本5文型/話の基本骨格

単語/名詞・冠詞・代名詞、形容詞・分詞・原形不定詞
名詞句/動名詞、to不定詞、疑問詞+to不定詞
その他/無生物主語、There構文、Itの用法

ステップ3修飾語 – 話の基本骨格に修飾語を置く

単語/形容詞・分詞、  比較、 副詞
形容詞句/to不定詞、  前置詞
副詞句/to不定詞、  前置詞

ステップ4対等節 – 単文+対等節として話をつなぐ

対等接続詞

ステップ5従属節 – 主節+従属節として話をつなぐ

名詞節/that用法、whether, if用法、疑問詞用法、関係代名詞what用法
形容詞節/関係代名詞(who, which, that)、関係副詞(when, where, why, how)
副詞節/従属接続詞、分詞構文、仮定法

 

4 本書-目次

ステップ1/文の種類 - 話の種類を選択する

文の種類 – 話の種類
1平叙文
1-1 肯定文
1-2 否定文
2 疑問文
2-1 一般疑問文
2-2 否定疑問文
2-3 疑問詞疑問文
2-4 間接疑問文
2-5 選択疑問文
2-6 付加疑問文1
2-7 付加疑問文2
NOTE 疑問詞疑問文/疑問代名詞の用法
NOTE 疑問詞疑問文/疑問副詞の用法
3 命令文
4 感嘆文

ステップ2-1/基本5文型 – 動詞・助動詞・否定を使いこなす

基本5文型 – 話の基本骨格
1 第1文型/S+V
2 第3文型/S+V+O
3 第4文型/S+V+O+O
4 第2文型/S+V+C
5 第5文型/S+V+O+C

動詞・助動詞・否定
1 動詞
1-1 時制
a 現在
b 過去
c 未来
1-2 進行形
a 現在進行形
b 過去進行形
c 未来進行形
1-3 完了形
a 現在完了形
b 現在完了進行形
c 過去完了形
d 過去完了進行形
e 未来完了形
1-4 受動態
NOTE 注意すべき受動態
2 助動詞
2-1 can
2-2 may
2-3 must
2-4 would
2-5 should
2-6 ought to
2-7 used to
2-8 need
3 否定
3-1 否定not
3-2 否定never
3-3 部分否定
3-4 準否定
3-5 全体否定
3-6 強い否定を表わす
3-7 二重否定

ステップ2-2/基本5文型 - 話の基本骨格を使いこなす

名詞・冠詞・代名詞
1名詞
1-1 数えられる名詞
a 普通名詞
b 集合名詞
NOTE: 普通名詞s
1-2 数えられない名詞
a 固有名詞
b 物質名詞
c 抽象名詞
NOTE 物質名詞の不定の量・抽象名詞の程度の表し方
NOTE 名詞’s+名詞
2 冠詞
2-1 不定冠詞 a(an)
NOTE 不定冠詞a(an)の特殊な位置
2-2 定冠詞 the
NOTE 一家・国民・政治・固有名詞など
3 代名詞
3-1 人称代名詞の用法
a 人称代名詞
b 所有代名詞
c 再帰代名詞
NOTE 話の内容・状況を指すit の用法
3-2 指示代名詞の用法
a 具体的な人やものを指すthis(these), that(those)
b 話の内容を指すthis, that
c 名詞の反復をさけるthat(those)
3-3 不定代名詞の用法
NOTE -thingのテクニック

動名詞・to不定詞
1 動名詞
1-1 基本的用法
1-2 前置詞の目的語になる
1-3 慣用表現
2 to不定詞
2-1 基本的用法
2-2 慣用表現
NOTE 慣用的な独立to不定詞
2-3 疑問詞+to不定詞

形容詞・分詞・原形不定詞・SVO+to不定詞
1 形容詞
1-1 S+V+C
1-2 S+V+O+C
2 分詞
2-1 S+V+C
a 現在分詞
b 過去分詞
2-2 S+V+O+C
a 現在分詞
b 過去分詞
3 原形不定詞
3-1 S+V(知覚動詞)+O+C
3-2 S+V(使役動詞)+O+C
NOTE 原型不定詞を含む慣用表現
4 SVO+to不定詞

無生物主語・There構文・Itの用法
1 無生物主語
2 There構文
3 Itの用法
3-1 Itの特別用法
3-2 Itto…/形式主語
3-3 Itthat…/形式主語
3-4 Itthat…/強調構文
NOTE 強調語句・倒置

ステップ3/修飾語 - 話の基本骨格に修飾語を置く

1 形容詞・分詞
1-1 形容詞
1-2 数量を表わす形容詞
1-3 分詞
a 現在分詞
b 過去分詞
NOTE 「分詞+名詞」と「動名詞+名詞」の違い
NOTE 数量を表す他の形容詞
NOTE ハイフン形容詞にするには
2 比較
2-1 原級の用法
2-2 比較級の用法
NOTE no, notを使った比較表現
2-3 最上級の用法
3 副詞
3-1 副詞の意味で置かれる位置が決まる
3-2 何を修飾するかで置かれる位置が決まる
3-3 使い方が異なる副詞
4 to不定詞
4-1 形容詞用法
4-2 副詞用法
5 前置詞
5-1 形容詞用法
5-2 副詞用法
5-3 時・場所を表す主な前置詞
NOTE 時・場所以外の主な前置詞

ステップ4/対等節 - 単文+対等節として話をつなぐ

対等接続詞

ステップ5/従属節 - 主節+従属節として話をつなぐ

名詞節
1 that用法
NOTE 同格that
2 whether, if用法
2-1 whether用法
2-2 if用法
3 疑問詞用法
4 関係代名詞what用法
NOTE 時制の一致
NOTE 話法の転換

形容詞節
1 関係代名詞
1-1 基本的用法
NOTE thatの特別用法
NOTE 同格that節と関係代名詞that節の違い
1-2 関係代名詞の所有格・目的格の用法
1-3 関係代名詞の省略
1-4 前置詞+関係代名詞の用法
1-5 前出の句・節をさす関係代名詞の用法
2 関係副詞
2-1 基本的用法
2-2 関係副詞の先行詞の省略
NOTE 複合関係詞

副詞節
1 従属接続詞
1-1 時を表す

1-2 原因・理由を表す
1-3 条件を表す
1-4 譲歩を表す
1-5 結果・程度を表す
1-6 目的を表す
1-7 様態を表す
2 分詞構文
2-1 基本的用法
2-2 注意すべき分詞構文
NOTE 独立分詞構文の慣用表現
3 仮定法
3-1 直説法と仮定法の違い
3-2 仮定法過去と仮定法過去完了
a 仮定法過去
b 仮定法過去完了
3-3 慣用的な仮定表現
NOTE 数詞

PAGE TOP