著者プロフィール

著者プロフィール

著者

菊池 憲宣 (きくち のりよし)

福岡市出身

1969  ANA全日空入社(航空機整備士)

   B2, L10, B6, B72, B74一等航空整備士資格取得

   欧米人Pilot & Boeing技術者との業務英語を経験

1978  豪・シドニー/カンタス航空・B747訓練1ヶ月滞在

1982  米・シアトル/ボーイング社・B747耐空検査3ヶ月滞在

1990  フランス/成田-パリ路線開設・整備マネージャー5年駐在

1996  インド/関空-ムンバイ路線開設・整マ・支店長5年駐在

2005  九州国立博物館・英語館内案内ボランティア1年実施

2010   2月 本書「英会話Japa-Lish日本語の英文法語順」著作・出版

     4月 母校高校にて国際化をテーマに講演

2014  HP「ギャラリー優美彩華きくちhttp://g-kikuchi.jp 立ち上げ

2016  本書『英会話スピーキングJapa-Lish/Kikuchi Method』改訂・出版

   &  http://japa-lish.net 立ち上げ

英会話スピーキング

英会話スピーキング海外出張

オーストラリア・シドニー

ANAは B747新機種導入の際に、整備士の訓練をオーストラリア・カンタス航空へ依頼、20人学級の一人として、構造・機能の座学と実機訓練を受講しました。

Sundayサンダイ(日曜日)、leverリーバァ(機械レバー)など、アメリカ英語を勉強した私達にとって、初めての英系オーストラリア英語の発音にびっくり、また数字英語がわからないため何度も繰り返してもらったものでした。


アメリカ・シアトル

ANAが購入した機体1機毎に、航空局検査官による耐空検査(製造過程検査・地上検査・飛行検査)が行われますが、私が整備本部から検査員の一人として指名され、B747-200型機・JA8158を担当しました。

ANAジャンボ機誕生記 & 企業専門用語

シアトルのボーイング社工場にて・生活にて、アメリカ人の大きな声と話しの速さに常に圧倒され続けました。
日本人の多くが学ぶアメリカ英語ですが、会話についていけないと無視されたり、話が下手だとバカにされたりで、何でもはっきりと言うアメリカ人だということがわかりました。

 

海外駐在

フランス・パリ

成田-パリ路線開設はパリ・シャルルドゴール空港になります。
そこで行われる整備業務は、現地の航空会社・エアフランスへの委託契約になり、私・整備マネージャーは飛行間点検と不具合処理作業の管理・監督業務を行います。

皆さんもご存じのように、フランスはイギリスと共に歴史のある大国で、フランス語もカナダやアフリカなど、多くの国に採用されています。

職場にてそして生活上にてフランス人が話す鼻に抜ける発音の英語がわからず、何度も聞き返しては高貴なフランス人に嫌がられたものでした。

ヨーロッパ各国もさまざまです。スペインではBarバル(立ち飲み屋)、アラブ系の人たちも舌を思い切り巻くようにしてRacing-carルエイシング・カル(競技車)などなどです。


初めての仏会話の生活にて

1990年フランス・パリ駐在の辞令と共に、生活のためにということで仏会話スクールに約一か月間毎日通い、その後パリ赴任にて初めての仏会話の生活がスタートしました。

例えばマルシェ、いわゆるスーパーでの買い物のパターン仏語では、挨拶をして、これをください、いくらですか、お金を支払い、袋に入れて持って帰るのは何とかできましたが・・・、

ほしい食材がどこにあるかわからないとき、また支払い時にコインの種類を間違えたりしたときなど、ちょっとした問い合わせ・トラブルがあると、仏会話スクールではそのような内容までやっていませんし、日本語の自分の思いは出てくるのですが・・・、

そこで思いついたのが、用意していた生活上の辞書から拾い出し、簡単な自分の思いを2~3の仏単語に並べてお店の人に話してみたところ、そこまでの場所を示してくれたり、また手の平上でコインの種類を一つ一つをゆっくりとした口調で教えてくれたりで・・・、
このようなちょっとした会話で、伝わる喜びが味わえる生活のスタートでした!

さらに、アパート周りの生活上のレストランで、生活必需品の買い物で、地下鉄でのチケット購入などで、話はすぐに問い合わせやトラブルの対応が続くため、今までの2~3の仏単語を並べた会話から、仏単語数を4~5程度に増やした会話を目指して・・・、
自分の思いがいかに必要であるか、それがいかに通用するかがわかる仏会話の日々でした!


インド・ムンバイ

ここでは、空港事務所での整備業務だけではなく、支店事務所で現地採用の営業マネージャーと貨物マネージャーとの販売促進活動、さらに営業本部への活動・実績の報告など、大変な思いをしながらの日々でした。

さて、インド国内にはヒンズー言語が数多くあり、地方へ行くとお互いの言葉が全く通じないそうです。
例えば、インド・ルピーの紙幣には、16もの言語で金額を表しています。

このような混乱を避けるために、英語に統一するとの政策があり、小学校から国語と英語は同時スタートしますが、英語が大変上手で、現地採用のスタッフ全ての人たちは、スタッフ同士でもいつも英語で話をしています。

しかしながら、彼らの口にこもった喋りの発音とアメリカ人以上の喋りの速さに慣れるのが大変でした。
特に電話での会話はいっそう大変でしたが、彼らが話す高度なイギリス英語によって、私の英会話スピーキングが鍛えられたことを感謝しています。

 

さまざまな母国語スタイル

英語圏のイギリス・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・カナダなどの人たちでさえ、母国語スタイルはそれぞれです。

非英語圏の人たちの母国語スタイルは、それぞれに独特な語り口で、EUのフランス・ドイツ・イタリア・スペインなどの人たちはともかく様々、アラブ系の人たちは舌を思い切り巻き、準英語圏であるインド系の人たちは口にこもる発音と喋りの速さです。
そして、私たち日本人の母国語スタイルは、抑揚の無いフラットな話し方です。

その非英語圏の人たちは、それぞれの母国語の文法語順の違い、それぞれの人が持つ英単語の語彙数にもよるのでしょうが、頭の中で母国語にて自分の思いをまとめながら・まとめ直しながら・もがきながら「現実的な英会話スピーキング」を実践しています。

すなわち、非英語圏の人たちにとってスピーディーな会話は必要なく、物おじせずに少し時間を掛けてでも、相手に通じる英語を続けることで信頼を得ることができます。


物おじせずに話をする

英会話では内気で恥ずかしがりのシャイな日本人、「物おじせずに少し時間を掛けてでも、自分の思いを明確にした上で・・・」ということになかなか集中できていません。

では、TVでよく見かける欧米人、また日本に観光に来ている欧米人は、学生や一般の人であれ、大統領や国会議員、会社社長や役員、そして有名俳優やタレントなどに対して、平等感のもとで物おじせずに話をしている世界です。
その考え方は、「人はそれぞれに地位・財産・才能など違いはあるが、それは人としての役割の違いであり、人としての上下関係を決めるものではない」、「社会における一人の人間として、同じ権利の下で平等感を持つことだ」と言われています。


私自身、海外出張・海外駐在にて欧米人と接してきた中、欧米人の人たちと同じような平等感とやらが何とか身に付いたようで、人前での話において怖さや気まずさがなくなり、日本においてもどこであれ・誰であれ、ある程度は平常心で話をすることができるようになりました。

この平常心は、ともかく精神的な余裕をもたらしてくれますので、初対面の人であれ、相手の話をしっかりと聞けるようになりますし、しっかりと考え・まとめた後に話をする事ができるようになります。

人としての平等感からくる平常心がいかに持てるかで、物おじしてしまう人間性を少しずつでしょうが変えることができますので、欧米人と同様に、平等感の下で物おじせずに話ができるようになるということです。

 

実践/現実的な英会話-質問に答える

実践/現実的な英会話-引越しの手伝い

実践/現実的な英会話-夫婦の会話