パターン英語によるスピーキングでは、どうしても限界がある

パターン英語によるスピーキングは、場面集の各文例の下に書かれている日本語訳(意訳)をイメージしながら、その場の状況やその場の話に合う文例を引き出して話をすることになります。

従って、英文法を学習していなくても、文例をまるごと覚えることで話ができます。


例えば海外旅行、入国審査・タクシー・ホテル・買い物・食事・観光ツアーなど、場面集の各文例をいかに覚えているかが決め手です。

覚えた場面集の文例が、その場の状況やその場の話に合えばスピーディーに話ができますが・・・、
せっかく覚えた場面集の文例がその場の状況やその場の話に合わない場合、また欧米人を前にしてあがったり・あせったりして話をするどころではない場合、無言で過ごすしかありません。

さらに旅行中は問い合わせやトラブルが付きものですが、覚えた文例をうまく応用しきれないため、結局無言で過ごすしかありませなん。


海外展開企業で業務英会話に携わる方々は、それぞれの分野での企業専門用語と共に、まずは日常業務に使われるパターン英語を覚える必要があります。

日常業務に使われるパターン英語、例えば航空会社、パイロットとコントロールタワー間の通常交信、客室乗務員のアナウンスや外国人へのサービス業務、そして地上係員の外国人へのチェックイン業務など、一度覚えてしまえば連続して使える状況にあります!

しかしながら、それぞれの日常業務中に数多く発生する問い合わせやトラブルの対応は、パターン英語ではこなしきれないため、その場その場の状況において自分の思いを英語にする対応が必要になります。


英語の社内公用語化では、職場・会合・会議での会話・連絡・議論など、いつも同じパターンというわけにはいきません。

最近、社内会話を英語に統一しようとする会社が増えていますが、多くの人が職場・会合・会議での会話・連絡・議論が出来ないと問題視しています。

覚えに覚えてきたパターン英語では用をなさず、その場その場の状況において自分の思いを英語にしない限り、英語の社内公用語化にはならないということでしょう。


ビジネス上では、工場見学・プレゼンテーション・契約交渉において、外国人による数多くの細かい質問・議論・交渉など、多くはパターン英語ではとてもやりきれません。

従って、その場その場の状況において自分の思いを英語にする対応が必要になりますが、話のレベルによっては通訳を使うことになります。英会話スピーキング

このように、場面集のパターン英語によるスピーキングが主流ですが、多くの文例を覚えるには・覚えておくにはどうしても限界があり、現実には「こういう時、英語でどう言うんだったかな?」との実状で、話はすぐに終わり続きません。
一方、月日を経たので、あるいは歳をとり、覚えたもの全てを忘れたと諦めてしまう人もいます。

だからこそ、英文法構文力を身に付け、自分の思いを英語にして話をするしかありません。


では、英語圏の英語を母国語にしている「英語ネイティブ」とは
・英語が第一言語として公用語として使われている国で生まれる
・幼少のころ話し始めた初めての言語が英語である
・英語が教育課程において国語として学習してきた
・起源に基づいた形式で英語が話せる

非英語圏の私たち日本人は「英語ネイティブ」ではありませんので、あくまで英語での会話に慣れるということはあっても、英語で理解し・英語で考えることはできません。

私たちは、生まれた時から培った日本語に長け、日本語の応用が利く、母国語ネイティブであり、その日本語は外国語を学ぶ際の原点になります。

英会話であれ、英語コミュニケーション能力テストであれ、リスニングは日本語で理解し、スピーキングは日本語で考えることで、現実的な英会話力が向上します。

英会話スピーキング

今の英文法構文力によるスピーキングでは、どうしても混乱する

英語を学ぶ際は、日本語訳を介して英単語を覚えます。

学習指導要領(2011–2019年)によると、高校卒業までに私たちが学習する英単語数の目安は3450語で、高校を卒業するまでに習う単語を確実に習得していれば、少なくとも「言いたいことが伝えられる」英会話レベルと言われています。


慣れると、直接に英単語を引き出しているかのようですが、実際は日本語訳を一瞬頭に思った後に、英単語を引き出しています。

例えば人を見て、

Mother

女の人Woman

女の子girl

紳士Gentleman

と一瞬判断をした上で英単語を引き出しています。


それら日本語訳の一つ一つを一連の言葉として、すなわち自分の思いとしてイメージして、 英単語を引き出しながら英文法語順にするのが、今の英文法構文力によるスピーキングです。

例えば、

私の母が 私達の家 の前で 女の人と 話をしていた 時に、女の子が 近くに やって来た
When my mother was talking with a woman in front of our house, a girl came over near.


このように、自分の思い「日本語/主語・・・述語動詞」を「英語/主語+述語動詞・・・」にする時に、どうしても混乱が生じます。
結果、最初からあきらめたり・途中でやめたりして、後は聞き手になってしまっています。


また、普段の日本語会話では主語や最後の述語動詞が曖昧な日本人、自分の思いがはっきりとイメージしきれないため、2~3の英単語だけで終わってしまいます。
英会話スピーキング

英語は「主語+述語動詞・・・」から始まる明確な言語

英語は、主語をはっきりさせ、述語動詞を述べ、目的語・補語が来て基本文型になり、修飾語を定められた位置で修飾させて基本文型に説明を加えるという文法語順です。

I must teach them English grammar in detail every day.

国際語・英語は明確な言語です。主語・述語動詞から始まる言語では、自分の言いたいことを先に言わなくてはなりません。また、yes/noがはっきりして答えを曖昧にはしません。


「主語・・・述語動詞」が曖昧な日本語を明確にする

日本語の文法語順は、次の例文のように、述語動詞が最後に来るだけで、他の文節は助詞のおかげで自由です。

♦ 私毎日 詳細に 英文法彼ら教えなければならない(標準語)
毎日 詳細に 英文法彼ら教えています
詳細に 英文法彼ら毎日 教えるつもりはない
英文法彼ら毎日 詳細に 教えることができない
彼ら毎日 詳細に 英文法教えてきました


私たち日本人にとって「英語/主語+述語動詞・・・」と「日本語/主語・・・述語動詞」の文法語順に違いがあるため、スピーキング・リスニングにおいてどうしても混乱が生じます。

例えば、フランス語は英文法語順とほぼ同じですので、フランス人にとって英単語さえ知っていれば、混乱なく話をする・話を聞くことができます。

また、私たち日本人は主語を省略したり、最後の述語動詞を言わないままに話が終わったり、さらに「はい・いいえ」がはっきりしない曖昧な話も数多くあります。


では、自分の思いを明確に表現しながら英文法語順にできれば、混乱なく英単語を引き出すだけになりますが・・・。