構文・語法/従属接続詞-名詞節

2018-09-15

本書例文はJapa-Lish英語本 (構文・語法にかかわる事項)で構成しています!

Japa-Lish:私は 教えなければならない 彼らに 英文法を 詳細に 毎日
英語:I must teach them English grammar in detail every day.
本 S+V+O+O/主語+動詞+2つの目的語(誰に~、何を~)

本書例文を実践・学習することで、「話を作る」自己表現力・「話にする」英文法構文力を身に付け 、混乱なく英語にして話を続ける・相手に通じる正しい英語にする「現実的な英会話スピーキング」を身に付けます

 

本書例文の構文・語法「従属接続詞-名詞節」の一部例文を紹介します。

なお、他例文の数々は本書をご覧ください。

 

名詞節


that用法

名詞節のthat用法は「~ということ」の意味で、名詞の働きをして主語・目的語・補語になります。

 

ということは ある イタリアンレストランが 近くに ここの です 大変ありがたい この地域にとって
That there is an Italian restaurant near here is very thankful for this area.
& 従属接続詞that「~ということ」に「は」が付いて、名詞節が主語になる

 

当然 私達は ~知っています ということを 私達の文化が いる 違って あなたの国と
Naturally we know that our culture is different from your country.
& 従属接続詞that「~ということ」に「を」が付いて、名詞節が目的語になる

 

現実的な問題は です ということ 私が ~持っていない お金を 賃貸するための 部屋を
The realistic problem is that I have no money to rent a room.
& 名詞節が、be動詞「~です」などにかかり補語になる

 

whether, if用法

名詞節のwhether,if用法は「~かどうか」の意味で、名詞の働きをして主語・目的語・補語になります。

 

かどうかは 悠太が 来るか来ない ではない 明らか 今現在
Whether Yuta will come or not is not clear as of now.
& 従属接続詞whether「~かどうか」に「は」が付いて、名詞節が主語となる

 

その不明な点は です かどうか ケンが ~受け入れるつもり  私たちの申し出を
The unclear point is whether Ken will accept our offer.
& 名詞節が、be動詞「~です」などにかかり補語になる

 

ジョンは ~疑った かどうかを マリが 戻って来る 夕食時までに
John doubted if Mari would come back by dinner time.
& 従属接続詞if 「~かどうか」に「を」が付いて、名詞節が目的語となる

 

疑問詞用法

名詞節の疑問詞用法は、疑問詞「誰かwho、どれかwhich、何かwhat、いつかwhen、 どこかwhere、なぜかwhy、どうかhow」という意味で、名詞の働きをして主語・目的語・補語になります。

 

(のは)いつかが ケンが 出発する 東京へ 告げられていない 家族に まだ
When Ken leaves for Tokyo has not been told to his family yet.
& 従属接続詞when「~いつか」に「が」が付いて、名詞節が主語になる

 

私達は 知りたい (のは)誰かを 社長が 選んだ 指導者として 我々の中から
We want to know who the president chose as a leader among us.
& 従属接続詞who「~誰か」に「を」が付いて、名詞節が目的語になる

 

問題は です (のは)なぜか 私達が ~終えなければならない この仕事を 明日までに
The problem is why we must finish this job by tomorrow.
& 名詞節が、be動詞「~です」などにかかり補語になる

 

関係代名詞what用法

名詞節の関係代名詞what用法は、whatそれ自体に先行詞を含んで「~ところのこと・もの・ひと」の意味で、名詞の働きをして主語・目的語・補語になります。

 

ところのことは 私の叔母が 言った 福岡市について でした 話 興味を起こさせる 大変
What my aunt said about Fukuoka city was the story interesting very much.
& 従属接続詞what「~ところのこと」に「は」が付いて、名詞節が主語になる

 

悠太は ~するつもりです ところのことを 彼が することができる あなたのために
Yuta will do what he can do for you.
& 従属接続詞what「~ところのこと」に「を」が付いて、名詞節が目的語になる

 

限り 私が 知る、1  ケンは ではない ところのひと 彼が 以前そうであった2
As far as I know, Ken is not what he used to be.
& 名詞節が、be動詞「~ではない」などにかかり補語にな

 

以上