コミュニケーション力向上のために

2017-09-03

そうです! 本書Japa-Lishを活用することで、日本語の話を明確にすると共に自己表現力を身に付け、コミュニケーション力を向上させようとの試みです。


本書・各例文の実践
は、Japa-Lishを主語から最後の述語動詞まで読み上げることで話が明確になると共に、次の話すための構文・語法における数々の表現を実践することで「話を作る」表現力が身に付きます。

ステップ1/文の種類では、話の種類の表現力
ステップ2/基本5文型では、話の基本骨格・単文の表現力
ステップ3/修飾語では、話の基本骨格・単文に修飾語を置く表現力
ステップ4/対等節では、単文+対等節として話をつなぐ表現力
ステップ5/従属節では、主節+従属節として話をつなぐ表現力


悠太は 来ないないかもしれない ここに 今日
Yuta may not come here today.
&  否定文・単文 – 助動詞の否定形

できますか 私は 借りる レンタカーを この近くで
Can I borrow a rent-a-car near here?
&  一般疑問文・単文 – 助動詞の疑問形

何を しましたか  あなたは ~食べる 昨日
What did you eat yesterday?
&  疑問詞疑問文・単文 – 疑問詞が目的語、過去形

(それは) です やさしい ~追加するのは 絵を 文書に
It is easy to add pictures to the document.
&  It ~ to 構文・単文 – be + 形容詞

私は 行くつもりです オーストラリアに ~目指すために プロゴルファーを
I will go to Australia to aim for a pro golfer.
&  修飾語のto不定詞用法(単文の後ろで追加説明)・単文 – 未来形

マリは ~した いくつかの間違いを←1しかし 悠太は 笑わなかった 彼女を←2
Mari made some mistakes, but Youta didn’t laugh at her.
&  対等節/対等接続詞(but) – 過去形

エリは ~話しました 私に ということを 悠太が ~会った その少女に きのう
Eri told me that Youta had seen that girl yesterday.
&  従属節/名詞節のthat用法 – 主節/過去形・従属節/過去完了形

ので あなたは 疲れている 今←1、あなたは ~取るほうが良い 少しの休息を←2
As you are tired now, you had better take a little rest.
&  従属節/従属接続詞(As…) – 現在形

 

そして、自己表現力を生活に浸透させながら、いろいろな場でいろいろな人と、また情報や知識が得られるTVトーク番組を活用して、会話や議論を心掛けることで、コミュニケーション力を向上させることができます。

会話では、二人あるいは小人数で向かい合って、相手の目を見て、相手の話をよく聞いて、物おじせずに自分の思いや考えを述べ合う。
生活・仕事・社会での話題を持ち出し、話をする、質問をする、感想を述べる、意見を言うなど、会話力を身に付けます。

議論では、互いに自分の説を述べ合い論じ合う。
議題について、原点はどこにあるのか、基本はなんなのか、現状はどうなっているのか、どんな違いがあるのか、データから比較をするとどうなのか、具体的にはどうなのかなど、分析的な思考を駆使して物事の本質をつかむ議論力を身に付けます。


話題の種類・構成

一番身近な話題
外見、性格、感情・気持ち、人間関係など

身の回りの話題
家庭、学校、仕事、料理、お金、健康意識、医療など

雑学
文化、自然・科学、コンピューター、ビジネスなど

社会
政治、経済、社会問題、災害・事故、国連、紛争など